カフェ・コロポックルのご紹介

テラス

“気楽にジャズと触れ合い、寛げる店”そんなコンセプトで、白鳥の飛来する景勝の地、ここ伊豆沼を一望する高台に「カフェ・コロポックル」をオープン致しました。
店主はまだまだジャズビギナー。なんだか頼りないですが、お気軽にリクエストや演奏中の楽曲への質問など、お声をかけて下さい。

営業時間

午前10:00~午後6:00
(ランチタイムは定めていませんが、数量限定販売となります)
定休日 火・水曜日(祝祭日は翌日)

住所
〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡原20-6
電話 0228-24-7975

 

★5月21日  ジョイ・オブ・スタンダード ( 山本直子トリオ)

 山本直子(ピアノ)、林宏樹(サックス)、黒瀬寛幸(ベース)

日時:5月21日(日) 13:30~開場  14:00~開演

料金:3000円(前売り)、3500円(当日) 1ドリンク付き

場所:カフェ・コロポックル

予約:0228-24-7975 コロポックル

   info@cafe-korpokkur.com

現在予約受け中です(限定50名)。お早めにご連絡下さい。

 

メンバー・プロフィール

山本_2

山本直子
奈良県出身。幼少からピアノを始め、ロンドンにてクラシックピアノを、リッキー・ホーレンスタイン氏に師事。
帰国後、ヤマハ音楽教室のピアノ講師を勤める傍、2010年より演奏活動を本格化する。2013年より、
ラテンピアノの第一人者深井克則氏に師事。
仙台市内のライブハウスなどで、様々なライブに出演。
2015年7月に、全曲オリジナルのセルフアルバム「Contrast」をリリース。
(当時のアーティスト名は旧姓の畠山直子)音楽雑誌CDジャーナルにて紹介された。
2016年10月にセカンドミニアルバム「Where  are the birds going?」をリリース。
2015年8月以降は、栗原市に移住。県北での活動を精力的に行う。
2017年より地域の有志とともに「認知症カフェプロジェクト」を発足。
地域の福祉と音楽のコラボレーションを目標に、月1回の認知症カフェを開催。
この活動が、注目され河北新報などで掲載され、紹介された。
 
林
 
林宏樹
仙台を拠点に活動するジャズサックスプレイヤー。演奏の他に、楽曲の作・編曲、音楽講師、ラジオパーソナリティー等でも活動している。
気仙沼出身。
ジャズサックスを安田智彦氏、ヒロ菊池氏、音楽理論を榊原光裕氏、深井克則氏にそれぞれ師事。
これまでに、小曽根真氏、ケイ赤城氏、深井克則、クリヤマコト氏、中村真氏など、日本を代表するジャズピアニストをはじめ、
様々なミュージシャン達との共演を重ね、研鑽を積む。自己のグループ「林宏樹ザ・フューチャーフォーマーズ」を率いて、
定禅寺ストリートジャズフェスティバルのフィナーレステージ、仙台駅杜の都コンサートに出演を果たす。
2014年4月に初のセルフプロデュースによるオリジナル楽曲を収録したCDアルバム「H2O」をリリース。
<主な参加バンド>
林宏樹とザフューチャーフォーマーズ
GreenPiece
深井克則BANDACARIENTE
白石暎樹&サウンドスペース
安田智彦ビッグバンド
沢野源裕セクステット 
 
黒瀬
黒瀬寛幸
12歳でベースを手にする。ファンク・フュージョンでベースに目覚めジャズ、ラテンミュージックを得意とする。
TMF’95全国大会オーディエンス大賞受賞等その他多数のコンテストで賞を受賞。その後桜井哲夫氏、鈴木宏幸氏、深井克則氏に師事。
バークリー音楽院の奨学金オーディションに合格し渡米するも同時多発テロによって帰国後、専門学校、ミュージックスクール等にてベース科、ウクレレ科、音楽理論科、アンサンブル等に置いて教鞭を執る。
数多くの国内外のミュージシャンと共演。ゲームミュージック、舞台音楽に演奏、作曲者として参加等、セッション、レコーディング、バンドプロデュース、
楽曲提供、演奏等で活動する。2010年デビューの「Rake」のサポートベーシストとしても参加。映画「つるしびな」のテーマ曲、挿入曲も担当しつつ音楽監督として関わる。