カフェ・コロポックルのご紹介

テラス

“気楽にジャズと触れ合い、寛げる店”そんなコンセプトで、白鳥の飛来する景勝の地、ここ伊豆沼を一望する高台に「カフェ・コロポックル」をオープン致しました。
店主はまだまだジャズビギナー。なんだか頼りないですが、お気軽にリクエストや演奏中の楽曲への質問など、お声をかけて下さい。

営業時間

午前10:00~午後6:00
(ランチタイムは定めていませんが、数量限定販売となります)
定休日 火・水曜日(祝祭日は翌日)

住所
〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡原20-6
電話 0228-24-7975

10月ライブのお知らせ

10月20日 「安田智彦 & Just Friends」

ベテランサックス奏者で、仙台ジャズスクールの学長でもある安田智彦氏をリーダーとするカルテット「安田智彦&Just Friends」のコンサートです。安田智彦氏は「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」や「ジャズプロムナードin仙台」の発起人でもあり、仙台ジャズ界を牽引するミュージシャン。伊豆沼を一望する素晴らしいロケーションの中で、本物のジャズの生演奏をお楽しみ下さい。

 10_20安田フライヤー

10月20日(土)

15:00 開演

14:30 開場

チャージ 3000円

 

安田智彦 Sax

是川由美子 Piano

黒瀬寛幸 Bass

黒瀬理知  Drums

予約 

0228-24-7975

カフェ・コロポックル

 

 

出演者紹介

yasuda_1__400x400

安田智彦(サックス)

19歳にて仙台の「ブルーノートオーケストラ」のメンバーとしてプロデビュー。

その後、在仙の「サウンドスペース」を経て、26歳にて上京。

日本を代表する「東京ユニオン」の(故)高橋達也氏や、他のトップミュージシャンと様々な形で演奏活動を繰り広げるも、地元にこだわり惜しまれながらも帰仙。

平成元年にて自己グループ「安田智彦グループ」を結成し、仙台を中心に東北各地にて幅広い活動を実施。

これまでに、日本を代表するテナーサックス奏者、(故)高橋達也氏を始め、深井克則氏、坂井紅介氏、伊勢秀一郎氏、木幡光邦氏、福村博氏、近藤淳氏、小濱安浩氏、土岐英史氏、David Matthews氏、など数々の有名ミュージシャン達と多くの共演を果たす。1991年、「安田智彦ビッグバンド」を結成し各方面にて活動。また後進の指導にも余念がなく、「仙台ジャズスクール」を開校。世界的にも有名なアメリカのバークリー音楽院、洗足学園音楽大学ジャズコースにも数多くの生徒を送り込み、卒業生がプロとして各方面で活躍している。今や、国際的になってきている「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」を立ちあげた本人でもあり、かつては横浜・神戸と並んで“JAZZの街”という風情があった仙台を復興させようと、2001年から「JAZZ PROMENADE in SENDAI」を立ち上げ、 数多くの仙台出身の音楽家も共感し、年々盛大なイベントになっている。更に、リーダーアルバムとして「Memories Of Love」を発表後、2010年より自身が企画した「安田智彦リサイタル」を毎年い、年々盛大な演奏会になっている。2014年現在、過去4回行ったリサイタルを収録したCDも販売している。

是川由美子

 

是川由美子(ピアノ)

幼少の頃からピアノを学び第8回カワイ電子オルガン東北大会、全国大会で金賞。キーボードプレイヤーとして、東北放送「ふるさと心の里」テーマソングの作曲製作やBS放送「和楽器とシンセサイザーの競演」などに出演。現在安田智彦ビックバンドで活動する傍らNHK放送「のど自慢」東北地区のシンセサイザーを担当。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒瀬2

黒瀬寛幸(ベース)

12歳でベースを手にし、20歳でウクレレを手にする。ファンク・フュージョンでベースに目覚めジャズ、ラテンミュージックを得意とする。TMF ’95 全国大会オーディエンス大賞受賞等、その他多数のコンテストで賞を受賞。桜井哲夫、鈴木宏幸に師事。バークリー音楽院の奨学金オーディションに合格し渡米するも同時多発テロによって帰国。現在は専門学校、ミュージックスクール等にてベース科、ウクレレ科、音楽理論科、アンサンブル等において教鞭を執る。ゲームミュージック、舞台音楽に演奏、作曲者として参加、セッション、レコーディング、バンドプロデュース、楽曲提供、演奏等で活動する。ベースマガジン誌にもライター、著者として寄稿。また映画『つるしびな』のテーマ曲、挿入曲も担当しつつ音楽監督としてかかわる。

 

IMG-9226

黒瀬理知(ドラム)

12歳でドラムを始め、14歳で某音楽コンテスト全国大会にてオーディエンス賞受賞。高専在学時に音楽活動を本格化し、 卒業後東京にて音楽を学びつつ平行してプロ活動を始める。故郷である仙台へ音楽の形で貢献していく夢を実現するため帰仙。現在は自身の音楽活動、サポート活動、講師業、スタジオディレクター、 NPO法人代表等様々な活動を行っている。