カフェ・コロポックルのご紹介

テラス

“気楽にジャズと触れ合い、寛げる店”そんなコンセプトで、白鳥の飛来する景勝の地、ここ伊豆沼を一望する高台に「カフェ・コロポックル」をオープン致しました。
店主はまだまだジャズビギナー。なんだか頼りないですが、お気軽にリクエストや演奏中の楽曲への質問など、お声をかけて下さい。

営業時間

午前10:00~午後6:00
(ランチタイムは定めていませんが、数量限定販売となります)
定休日 火・水曜日(祝祭日は翌日)

住所
〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡原20-6
電話 0228-24-7975

 

12月ライブのお知らせ

「林宏樹ザフューチャーフォーマーズ」with MIKA  クリスマス・コンサート     

お馴染み、マルチサックス奏者の林宏樹さんを中心としたグループによるクリスマス・コンサートです。今回はバイオリン、チェロ、ダブルベースのストリングス陣をバックにポップで楽しい異色のライブを計画しています。またジャズボーカリストのMIKAさんも出演しますので、お気軽にご来場下さい。

林宏樹(テナーサックス。アルトサックス、ソプラノサックス他)

千葉岳洋(ピアノ)

小林梨絵(バイオリン)

佐々木杜洋(チェロ)

佐藤弘基(ダブルベース)

ゲストボーカル MIKA

 

日時: 12月17日(日)15:00~ (予定)

料金: 3000円(1ドリンク付き)

40席定員となります。ご希望の方はお早めにチケットの購入またはご予約下さい。

連絡先: 0228-24-7975 (カフェ・コロポックル)

メール: info@cafe-korpokkur,com

林宏樹林宏樹(Sax)

カフェ・コロポックルでも既にお馴染みのマルチリード奏者。テナーサックスをメインにアルト、ソプラノサックスを始め、クラリネットやフルートまで多くの楽器を演奏する。

1982年生まれ、気仙沼出身。これまでに小曽根真氏、ケイ赤城氏、深井克典氏を始め多くの有名ミュージシャンと共演。また『林宏樹ザ・フューチャーフォーマーズ』や自己のビッグバンドを編成、仙台を拠点にライブ活動を精力的に続けている。なお、演奏の他に、楽曲の作・編曲、音楽講師、ラジオパーソナリティー等でも活動している。

 

 

千葉岳洋

千葉岳洋(ピアノ)

1991年、仙台市生まれ。

東京大学文学部卒業。8才からピアノ・エレクトーンを始める。大学入学を機にジャズピアノへ転向、東京大学ジャズ研究会、東京大学Jazz Junk Workshop、
慶應義塾大学Light Music Societyなどを中心に活動。大学卒業後フリーランスとして音楽活動を開始。

2015年、第3回ちぐさ賞ファイナリストに選出。10月、第6回神戸ネクストジャズコンペティションにてグランプリ受賞。現在は関東と東北、両方を拠点として音楽活動を行ない、作編曲から路上ライブ、ポップスサポートまで幅広く取り組んでいる。

 

 

佐藤

佐藤弘基(ベース)


岩手県奥州市在住。子どもの頃から歌が大好きで、中学、高校の頃は弾き語りやバンドで歌ってばかりいた。大学在学中より見よう見まねでベースを弾き始める。

その後、仙台を中心に演奏活動を始め、多くのミュージシャンと出会い、ベース弾きとしての貴重な経験を積む。1996年に岩手に戻り、以降は家業を継ぎながらの音楽活動となる。

 

 

 

 

 

 

 

MIKA写真

MIKA(ボーカル)

栗原市志波姫在住。2004年活動開始。同年、ブルースハーピスト八木のぶお氏をスペシャルゲストに迎え制作されたデュエットアルバム「That old feeling」は現在もなお人気作品として取り上げられ、13年経った2017年全国リリースとなる。2011年9月待望のソロアルバムを全国リリース。ベーシスト安カ川大樹、ギターリスト萩原亮、トランペッター伊勢秀一郎、ピアニスト金崎裕行を参加メンバーにセルフプロデュースの作品は、JAZZ JAPAN誌、CDジャーナル誌で高評を博す。2012年12月ジャズ批評誌にて「次世代を担う日本の歌姫特集」に取り上げられる2017年4月、ホーギー・カーマイケルとビックス・バイダーベックへのトリビュートアルバム「The old music master」にボーカリストとして参加。7曲を担当。 

小林梨絵

 

小林梨絵(バイオリン)
 
5歳からバイオリンを始める。
山形北高音楽科卒業。山形大学教育学部音楽文化コース卒業。
現在ヤマハ音楽教室講師の傍ら、クラシック、ポップス、ジャズと
様々なシーンで演奏活動を展開する。