カフェ・コロポックルのご紹介

テラス

“気楽にジャズと触れ合い、寛げる店”そんなコンセプトで、白鳥の飛来する景勝の地、ここ伊豆沼を一望する高台に「カフェ・コロポックル」をオープン致しました。
店主はまだまだジャズビギナー。なんだか頼りないですが、お気軽にリクエストや演奏中の楽曲への質問など、お声をかけて下さい。

営業時間

午前10:00~午後6:00
(ランチタイムは定めていませんが、数量限定販売となります)
定休日 火・水曜日(祝祭日は翌日)

住所
〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡原20-6
電話 0228-24-7975

9月ライブのお知らせ

フライヤ_korpokkur_修正

9月のライブは、日本ジャズ界のレジェンド、ドラマーの渡辺文男さんを中心としたグループ。そして栗原市在住のジャズ・ボーカリスト、MIKAさんを加えた豪華メンバーによるコンサートです。

日時:9月1日(土)

時間:15:00~(開場14:30)

料金:3500円

場所:カフェ・コロポックル

電話:0228-24-7975

Mail:

info@cafe-korpokkur.com

 

事前予約制ですので、当店にてチケットを購入されるか、お電話またはメールで連絡下さい。

 

20140504_03[1]

渡辺文男 (Drums) 
1938年12月29日栃木県宇都宮市生まれ。ジャズ・ドラマー。
最初はヴォーカリストとしてスタートするが、 60年にドラムに転向し沢田駿吾(g)とダブルビーツにて活動を開始。 その後、八木正生(p)トリオを経て、武田和命(ts)や実兄である 渡辺貞夫(as)グループに参加。退団後、本田竹廣(p)トリオにて活動。  76年自己のクインテットを結成し、以降中心に活動。近年のメンバーは元岡一英(p)、高橋知己(ts)、岡崎好郎(tp)、小杉敏(b)。この編成で 2003年に『Born to Music』をリリース。

元岡一英

元岡一英 (Piano) 
1950年 北海道伊達市に生まれる。慶大進学の為上京。騒乱の町新宿でJazzを知る。松本英彦4を経て、向井滋春5に加入。ほか植松孝夫5、チコ本田G等で70年代旺盛な演奏活動を続ける。’80年に渡米。ニューヨークにて修業。バリー・ハリス氏に出会い大きな
刺激を受ける。様々な演奏経験の後’83年暮れ帰国。現在、都内ライブハウスにて活躍中。

小杉さん

小杉敏 (Bass)
1948年8月11日、静岡県掛川市生まれ。 東京都立大学在学中にベースを始める。ピアニスト元岡一英らとグループを組み演奏活動を開始し、 山口真文カルテット、大友義雄カルテットなどを経て、77年に渡辺文男クインテットに参加。86年暮れにはジュニア・マンスと組んで全国ツアーを行い、好評を得た。また、マル・ウォルドロン,トゥーツ・シールマンス,アート・テイラー,ルー・ドナルドソンなど、ジャズの巨人たちとも共演。2006年に続き、2008年2009年1月、 ビ・バップ・ピアノの至宝、バリー・ハリスとの共演を果たす。また2009年4月、初リーダーアルバム『BASS ON TIMES』発表。現在は橋本信二(g),大口純一(p),中牟礼貞則(g),Qいしかわ(ts),渡辺文男(ds), 元岡一英(pf),吉田桂一(pf),福田重男(pf),鈴木道子(vo),梶原まり子(vo),マーク・テーラー(ds)などとの演奏が多い。

秀一郎プロフィール写真 127

伊勢秀一郎(Trumpet) 
1955年、宮城県石巻市生まれ。中学2年の時に、ニッポン放送『ナベサダとジャズ』を聴き,ジャズの虜に。小学校6年から高校3年まで剣道少年。1975年に上京し、マイルス・デイビス(tp) に憧れて、念願のトランペットを手にするる。  1978年頃よりプロ活動を始め、高橋達也(ts)&東京ユニオン、高橋達也(ts)クインテット、バイソン片山(ds)
バンド、 松岡直也(p)バンド、内山有希夫(arr)Music Magic Orchestra、 角田健一(tb.arr)ビッグバンド、内堀勝(arr)ビッグバンド等を経て、   宮間利之&ニューハード、野口久和(p.arr)ビッグバンド、松尾明(ds)テイクテン、増根哲也(b)R.A.P. 、及び、自己のトリオ(二村希一piano 、 古西ただあきbass)で、 都内のジャズクラブ等を中心に活動中。Hnak Jones(p),David Sanborn (as),Jimmy Scott(vo)等のミュージシャンと共演。2000年にニューヨーク、北京、2007年に上海で公演を行う。

DSC_3917

 

MIKA (Vocal)

2004年活動開始。同年制作された デュエットアルバム「That old feeling」は現在もなお人気作品として取り上げられ、13年経った2017年全国リリースとなる。2011年9月待望のソロアルバムを全国リリース。べーシスト、安ヵ川大樹を参加メンバーにセルフ・プロデュースの作品は、JAZZJAPAN誌、 CDジャーナル誌で高評を博す。 2012年12月
ジャズ批評誌にて「次世代を担う日本の歌姫特集」に取り上げられる。2016年初の名古屋単独ツアーを敢行。2017年4月 ホーギー・カーマイケルとビックス・バイダーベックへのトリビュートアルバム「The old music master」 にボーカリストとして参加。現在、 東北を拠点に精力的に活動中。